11月の空白
2009 / 11 / 15 ( Sun )
 海の向こうでは、現在「Call of Duty Modern Warfare 2」一色という感じです。最近はほしいソフトが海外産ばかりなので、日本語版を待つ時差がつらい。いっそ日本版なしなら諦めもつきますが。 MW2は、日本版の時差を逆に利用して、Xbox360で買うか、PCでいくかどうかもじっくり検討中です。
 PCのグラボが壊れて、強制的に新調させられたので、最新のゲームで試してみたいとか不純(いやある意味本道)な動機もあったり。ちなみに久しぶりにAMDにしました。Radeon HD5770です。DirectX11に対応しておりますが、正直これに関してはほとんど期待していません。
 過去、DirectX10のためにVistaを購入して「完全無欠にスカされた。野球で言えば1回100対0くらいのコールドで負けた」ので。windows7の評判が上々とはいえ、XPで使えないDirectX11にわざわざ対応させるゲームはまだそうそう出てこないでしょうから。あと最低3年はDirectX9あれば何ら問題ないと思っています。
 PCゲームは今だとダウンロード販売が当たり前なので、時差なくて最高、と思いがちですが、意外と地域ロックかかって買えなかったり、それを乗り越えても起動でワナが待ち受けていたり。情報収集は欠かせません。

 今や世界では普通に「自由度が高い」「オンライン」「coop」といった要素を含んだゲームが主流ですね。この要素は私の好みと完全に一致します。個人的に日本ももっとこれらの要素を含んだゲームを増やしてほしいのですが、なかなか期待通りにはいきませんね。

 MW2は、どうやら過激な描写があるようなので、日本版は規制が心配です。毎度これに気をもむのは勘弁してほしいんですが。規制内容にもよりますが、やはりゲームの爽快感がだいぶ変わるケースも多々あるので。
 たとえば、カプコンのデッドライジングは、日本版では部位欠損がない。このゲームは、大量に出現するゾンビを、あの手この手で倒すのがキモ。実際に両バージョンを比較してみればわかりますが、やはり刀で斬っても倒れるだけの日本版は爽快感がかなり落ちる。まぁこうした規制を全く気にしない方も多いのでしょうが。結局悩んだ末に、日本版の発売日に海外版を買うという結論を下しました。海外版の方が一ヶ月以上早くリリースされていたので、ちょっと損した気分になったり。2も購入予定ですが、規制あるならまた海外版にします。

 アサシンクリード2も、海外では17日に先にリリースされるので手をだしたい気もしますが、さすがにこの手のゲームは日本語でやりたいですね。1は規制がなかったようなので、2もあまり心配していませんので。

 そんなこんなで現状の購入リストを見ると、12月3日アサシンクリード2 ニュースーパーマリオブラザーズ wii 12月10日(PCは23日) CoD MW2 。無理です。消化できません。1本でも今月出てくれればなぁ・・・。そうだ、海外版を・・・・・・。
ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Xbox360 秋の大型Liveupdate 体験レポート | ホーム | PlayStation Move について思った事>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kod.dtiblog.com/tb.php/107-7ef41ed1
| ホーム |